トップ > お客様インタビュー 永谷さま

お客様インタビュー 永谷さま

お客様インタビュー 永谷さま

 

西尾市で、自営業を営んでいる永谷さんは、お亡くなりになられたご主人のお墓を建立いたしました。

「主人が亡くなって、改めてその人望の厚さに驚いています」と、永谷さん。

そんな一家の大黒柱であった、亡きご主人のお墓づくりについて語っていただきました。

 

主人が気に入っていた直筆の文字をお墓に彫刻

―矢田石材店にお墓を任せようと決断した一番の要因は何ですか?

永谷さま:

お店に行ってあなたたちを見た時に、息子が「この人なら信頼できそうだ。とても職人ぽい」と言ってね、まじめそうに見えたところが決め手でしょうかね。

 

―ありがとうございます。お墓にはご主人様の直筆をお墓に掘りましたよね?

永谷さま:

あの人はいろんな人に、言葉を書いた色紙を配っていて、特に「道」という字は気に入っていたんです。だから、その文字がお墓に掘ってあるのは何か良いな、と思いまして。

 

 

お墓が低いほうが、これから家が伸びる

―出来上がったお墓をご覧になって、いかがでしたか?

 

永谷さま:

お墓の高さが低いと思いましたね。悪い意味ではありません。この間も、「お墓は高さを競うもんじゃない、お墓が低いほうが、これから家が伸びる」と言われましてね。それに、高さが低いと重心が低くて安定感があるので、地震があった時なんかは一番安全ですしね。

 

―その通りです。

 

永谷さま:

でもこれでひと安心できました。後の人はわからないけど、自分のやれることはやれた、っていう達成感があります。

 

いつまでも頑張っていてほしい石屋さん

―今後の矢田石材店に期待することはありますか?

 

永谷さま:

特にありませんよ。あ、そうそう、納骨の時に一緒に来てたのは弟さんですか?

 

―はい、そうです。

 

永谷さま:

弟さんも真面目でとても良い子ですね。本当に頑張ってくれましたよ。兄弟で良いですねぇ。私が死んだら、あのお墓に入らなきゃいけないんですから、それまでちゃんと石屋やっとってくださいよ。

 

―もちろんです。自分が死ぬまでお付き合いさせていただきますよ。

 

永谷さま:

それ聞いて安心したわ。

 

―本日はありがとうございました。

 

 

【 インタビューを終えて・・・ 】

初対面から、お墓のデザインなどの打ち合わせ行なっている当時から、とても気さくにお話いただけた永谷様。今回も、とても快くお話をいただけました。
お亡くなりになったご主人様が、最後に病床で「ありがとう」といった言葉が、最後の思い出、と語ってくれました。
なかなか聞けない貴重なお話をたくさん頂き、本当にありがとうございました。

 

 

お気軽にご相談下さい