トップ > 【矢田は墓しか語れない】

【矢田は墓しか語れない】

一日一分お墓革命メルマガ

 

【矢田は墓しか語れない】

 

人間の死亡率は100%!

 

生まれたその瞬間からはじまる

死に向かってのカウントダウン。

 

最後を意識するからこそ今が輝く

人にとっての終わりとは

 

【終の棲家】

 

お墓です。

 

お墓を整え、

お墓と正しく向き合い、

お墓に意識を向けた生活を送れば、

 

心が整い

 

人生が落ち着き

 

ていねいな生活が送れます。

 

 

世界でただ一つのお墓革命メルマガ

 

読むだけで元気になる!

 

毎日【お墓ことば】をお届けします

 

ぜひご登録を!

 

ご登録はこらから

メールアドレス  

新たに登録される場合は「登録」、配信解除される場合は「解除」を選択してください。
登録
解除

 

ご登録いただけた方だけが視聴できる特典をご用意しました!

 

CBCテレビ制作

 

特別映像

 

【お墓で防災】

 

メルマガ登録いただけた皆さまに特別にお送りいたします。

 

矢田はじめ、元自衛官の職人たちが東日本大震災時の想いを語り、

日本の防災とお墓守にかける情熱を伝えます!

 

 

プロフィール

代表者 矢田敏起 Toshiki  Yata

「お墓参りこそ最高の人間教育」と説く、日本人の心とお墓を整える、世直し職人。愛知県岡崎市生まれ。

 

高校卒業後、心身を鍛えるため陸上自衛隊に入隊。教育課程を首席で卒業。配属部隊は自衛隊最精鋭の第一空挺団。数々の特殊訓練を受け、精神肉体を鍛え上げ任務を遂行。日本一過酷なレースと称される、富士登山駅伝の錬成メンバーに選抜。部隊の優勝に貢献。

 

除隊後は大手石材店で修行。家業である石材店を継ぐためお墓職人となる。しかし、採石山や工場への過剰投資により、借入返済不能へ陥る。工場、土地が銀行主導で競売。

 

無一文、事実上借金が残っている状態から、再起業。

 

葬儀社の下請けとして、二千を超えるお墓を無償でおそうじ・メンテナンス。短時間でお墓を整える技術を徹底的に磨く。且つ、その活動が認められ、お参りに来る方々から新たなお墓仕事を頂く。収益が上げられるようになったところで、下請けから脱却。

 

空地に自らコンテナを改造して墓石販売を始める。集客はインターネット。日本初のネット墓石販売を成り立たせる。

 

その後、ニートを弟子に取り徹底指導で更生。その時の経験や、年間1000件を超えるお墓相談のやり取りから、お墓と人間成長を結びつける独自の理論を展開。

 

2012年夏「心が強くなるお墓参りのチカラ」(経済界)を出版。

 

特殊なお墓づくり、活動が認められ、NHKのニュース番組をはじめ、TBS【朝ズバ】【ガッチリアカデミー】日本テレビ【一分間の深いい話】【あのニュースで得する人損する人】【トリックハンター】CBC【イッポウ】などテレビ番組に出演。

 

また2千以上の墓石修復経験を活かし、沢庵和尚に縁のある京都大徳寺大仙院歴代住職の墓石補修に携わる。その他、世界遺産奈良元興寺の石造物への免震補修に参画。戦国武将今川義元のお墓発掘も手がける。

 

それらの経験を生かし、現在は地元CBCラジオの人気番組『つボイノリオの聞けば聞くほど』で【お墓にかようび】というタイトルのお墓小話を担当。

 

お墓を通じての家族の絆、先祖供養の大切さを伝える活動に命を捧げる。

 

 

会社紹介

矢田石材店

 

石の名産地・岡崎市で創業60年。

 

お孫さんやお子さんたちと、故人をつなぐお墓づくりを大切にしてきました。家族の絆の大切さが見直される世の中になってきています。

 

実は、「お墓を整える」とは、お墓をつくったり、直したり、きれいにしたりと、何かしらの関わりを持つことや、お墓参りを通して、何世代もの家族が集まり、絆を強める場所をつくることに他なりません。

 

お参りに行って、お墓を掃除して、手を合わせる。そういったことを繰り返すことで、自分のご先祖様やルーツを確認し、誇りと自信を持って生きていくことができます。

 

お墓は、世代を超えて、家族が大切なものを見直すきっかけとなる、家族の絆、愛そのものです。


矢田石材店は、お墓をつくって終わりではなく、その先にあるものを大切にしながら、お墓との関わりを持っていただ
くことに全力で精進しています。

 

岡崎本店:愛知県岡崎市大平町字南田潰28-1 

電話番号:0564-73-2018

 

名古屋店:愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話番号:052-768-6620

 

 

矢田石材店の掟

 

一、お施主さまのためにならないことは一切行なってはならない。
二、頼まれてもいないのに、訪問・電話は絶対にしない
三、お施主さまとは一生のお付き合いと覚悟せよ。
四、自分たちの建てたお墓は人生をかけて守り抜く。
五、常に人間らしくあれ。
六、仕事と同じくらい家族も大切にせよ。
七、お施主さまへ情報を伝える時は受け売りではなく、
  自分の足、目、耳、心で確認をする。
八、自分たちは墓石屋であり、それ以上でも以下でもないと心する。
九、継続することこそ最も大切。
十、花はお墓とお施主さま、自分たちは黒子であると自覚せよ。

 

 

 期間限定公開です。

 

今すぐ下記からいつもお使いのメールアドレスを入力して

矢田石材店に関する楽しい映像を手に入れてください。

 

メールマガジンは無料です

 

売り込みなどもほとんど無いと思います。

 

一日一分「矢田は墓しか語らない」ぜひお楽しみください!

 

 

 

ご登録はこらから

メールアドレス  

新たに登録される場合は「登録」、配信解除される場合は「解除」を選択してください。
登録
解除
※バックナンバーはこちら

powered byメール配信CGI acmailer

 

 

お気軽にご相談下さい