トップ > スタッフ紹介

スタッフ紹介

^8620AC4BB62BBEDFA7013097EA5355819A1A939598DD412C73^pimgpsh_fullsize_distr
 

お墓職人 矢田 敏起

亡くなった方への想いを忘れてはいけない
私たちはその想いを形にするお手伝いをしているにすぎません

profile_imgお墓をつくる方で、100%の自信や確信をもって進めている人は少ないと思うんです。わからないこともあるし、迷うこともあります。
「このお墓で、本当にご先祖が供養されるのだろうか」
「この金額でいいんだろうか」
「これでお父さんは喜ぶのかしら」
「息子は浮かばれるのだろうか」
亡くなった人にはもう何もできない、でも何かしたい。ご先祖への感謝やご両親に対する孝行、若くして亡くなった子への想い、そういった気持ちがお墓をつくるという行為になるんです。墓石という形ではなく、行為そのものが故人様に対する想いなのです。私たちは、そのお手伝いをしているにすぎません。
お墓というのは、家族やご先祖に対する想いの表れです。ですから、お墓をつくったことがゴールではないんですね。お参りに行って、お墓を掃除して、手を合わせる。そういったことを繰り返すことで、「故人に何かをしてあげたい」という本来の目的が徐々に達成されていき、癒されたり、悲しみが薄れたりするのではないでしょうか。お墓は建てて終わりではない、その先が必ずあるんです。お施主さまの目的はお墓をつくることではなく、想いを達成することなんです。私たちはそのことを忘れてはいけないし、そのためにお墓を守らなければならない。ですから、お墓をつくって「ありがとう」といわれるより、何年かたって時間を経たあとに、「矢田さんでお墓をつくって、本当によかった」と言ってもらえると、とても嬉しいんです。そういうお墓づくりを続けていきたいと思っています。

 

【プロフィール】

愛知県岡崎市出身。先祖代々石工の家系である、矢田石材店の長男として生まれる。
幼少の頃母を亡くし、先代である父に男手ひとつで育てられる。
父の背中を見て育ち、子供心に父を「かっこいい」と感じ、小学校の卒業文集に将来の夢を「墓石屋になりたい」と書いたほど。「親の仕事を手伝いたい」と思い続けて成長する。
成人後、自衛隊勤務を経て、家業を手伝うため岡崎技術工学院石材加工科で学んだ後、有名石材店で修行し、矢田石材店の三代目となる。自らに墓掃除を課し、2年間で1,000以上のお施主さまのお墓を洗う。そのとき「お施主さまのみなさんが本当にお墓を大切にしている」ことを知り、「墓職人として本物の墓守になりたい。お墓を売ったりつくったりすることが目的ではなく、墓を守ることを目的にしよう」と決意する。その想いを貫きながら、現在に至る。

【著書のご紹介】

矢田からのコメント「心が強くなるお墓参りのチカラ」
著者:矢田敏起
出版:経済界
発行年月日:2012年8月10日
≫ご購入はこちらから

お墓参りにおける作法や守らなければいけないルール、効果の上がる参拝方法などを紹介するとともに、お墓参りが人間の心にどのように作用するか、どのような良い影響を与えるかを一冊の本にしました。ご興味がある方はぜひご覧になってみてください。

矢田が出演している動画です。 「矢田石材店が掃除にこだわる理由」

 
 

設計・デザイン 榊原 茂樹

お客さまに、唯一無二のものをお届けしたい
だからこそイメージを形にするためのコミュニケーションを大切にしています

sakakibara以前勤務していたメーカーではエンジニアとして働いていたんですが、代替のきく仕事だと感じていました。決められた時間と予算の中で過不足なく完成させるために、歯車のひとつとして働いていれば、私でなくてもいいんです。
でも、ここでの仕事は違います。お墓づくりは1対1。お客さまにきちんと向き合って、その気持ちを汲み取れなければ、納得のいくものを完成させることはできません。
お客さまは、頭の中でイメージしていることはあっても、具体的な形を思い浮かべたり、言葉で説明したりできない、中には口に出せないこともあるのです。ですから、頭の中にある「こうしたい」というプラスの要因も、「こういうことはしたくない」というマイナスの要因もすべてお聞きします。そしてその考えを整理して――私は交通整理と言っているんですが――現実に形にすることが、私の仕事だと思っています。
そのために、お話した内容から推測したり、ときには私の経験から「こういう考えの方は、実はこうしたいんじゃないか」ということを加味したりして、ご提案をします。そうして納得していただくまで、ご提案を繰り返します。中には、数回のご提案後、最初のデザインに戻ることもあります。それはそれでかまわないと思うのです。あとから「こうすればよかった」と思うより、「一度考えたけど、よくなかったからやめた」と自分で納得することができますから。
お墓は自分の気持ちに素直になってつくるのが一番です。周りの目を気にしたり、見栄で建てたりするものではありません。ですから、お客さまのイメージを形にするために、何度でもやり取りをします。その想いと私がご提出したデザインが一致すれば、これほど嬉しいことはありません。

【プロフィール】

愛知県岡崎市出身。造形大学デザイン科卒。
矢田敏起の高校時代の後輩にあたる。大学在学中から矢田の「旧態依然とした墓ではなく、デザイン性のあるものを作りたい」という相談に乗り、墓石デザインのアイデアを提供していた。
卒業後、自動車部品メーカーに就職し、内装部品やバッテリーモジュールの開発・設計を担当。その一方で、矢田の依頼によりデザインアドバイスや手伝いを続けていた。
現在は、矢田石材店に籍を置き、墓石の設計・デザインを担当。図面作成はもちろん、石材やデザインの説明など、お客さまの想いを形にするためのあらゆる業務を行う。また、墓石デザインはデスクワークだけではないという考えから、石材の発注、石材加工なども行っている。

 

お墓職人 矢田 宜文

私の信念は、頑丈なお墓をつくることです。
より良いお墓をつくるためには、研究や努力を惜しみません。

矢田勝己イメージ私の信念は、頑丈なお墓を作ることです。そのための研究や努力を惜しみません。
矢田石材店に加わる以前は、建築専門の大手石材店で修業し、様々な石材加工技術を体得しました。工務店で修業をしていたときには、建築物の構造について学びました。こういった経験を活かし、現在では、毎年100基を超えるお墓の建立に携わっています。私たちお墓職人は、自分たちの仕事に責任を持つため、お墓が完成してからも、お墓のことを気にかけています。
継続的にメンテナンスを行うだけではなく、お墓が古くなることで起こり得る石材の傷みや、結合部の不具合などを常に研究し、改善を目指しています。より頑丈で、「お墓を立ててよかったなぁ」と思ってもらえるようなお墓づくりに努めています。

 

【プロフィール】

愛知県岡崎市出身。矢田石材店の二男として生まれる。
小さい頃から父、兄の背中を追いかけて育つが、家業を継ぐ前に、自分自身の力を試すため、高校時代は競艇選手を目指して体を鍛え続ける。しかし高校卒業後、視力が低下したため、断念。
その後、大手石材店や工務店で修業した後、矢田石材店に入社。現在は、お墓職人として、毎年100基以上のお墓づくりに携わっている。

 

お墓職人 矢田 勝己

今の矢田石材店の原点は、
死ぬ直前までお墓を磨き続けた初代・金次の背中にあったのかもしれません。

矢田宜文イメージ 「矢田石材店は、私の父、金次が昭和30年に興した石屋です。実は、金次以前も、矢田家は代々石工の家系で、定住しない流れ石屋のはしくれでした。石工はもともと移動の多い職業で、古くは戦国の世、築城のため各地を転々とし、城をつくっては移動、また城をつくっては移動するという生活を続けていました。
しかし、江戸時代になり世の中が平和になると、城をつくるという仕事はだんだんと必要とされなくなり、石工の仕事は石仏や石灯籠をつくることに変わってゆきました。私たちのご先祖もそんな石工のひとりだったのでしょう。そしてこの岡崎という地に流れ着き、岡崎の石に魅せられ、この地で石を叩き続けていたのだと思われます。
私がこの矢田石材店を継いだとき、私はまだ大学生でした。父金次が急な病に倒れ、53歳の若さでこの世を去りました。父は本当に動けなくなるその時まで、毎日お寺に通い、自分が建てたお施主さまのお墓を、力の入らない腕で磨き続けていました。 今の矢田石材店の原点は、死ぬ直前までお墓を磨き続けた初代・金次の背中にあったのかもしれません。
お墓をつくる技術的なことは、年を重ねれば追いついてきます。しかし、このお墓を大切にするという心は、年を重ねるごとに慢心が起こります。私たちの世代は戦後、がむしゃらに生きてきました。日本人が本来持っている、何か大切なものを失ってしまったかもしれません。
まだ間に合います。次の世代に伝え、そして守らなければなりません。

 

合掌

 

【プロフィール】

愛知県岡崎市出身。矢田石材店二代目。大学生の頃に、父親が急な病に倒れたため、後継者として、矢田石材店に入社。以降、多くの墓石建立に携わり、現在もなお、毎日、現場作業を行う生粋のお墓職人。

 

お墓職人 山田 康則

すべての仕事の先には、お墓づくりを私たちに託して下さった、お施主さまがいるということを常に意識しています。

乾辰之助イメージ 私の会社内での仕事は、裏方仕事と自認しています。
会社の方針で、若い職人たちに責任ある仕事を任せることにしていますので、私は彼らの成長を見守りながら、伝えられることを伝えています。
ただ、私たちの仕事は伝えると言っても、言葉で表わせるものばかりではありません。
彼らに背中を見てもらい、考え、行動し、感じてもらえたらと思っています。そして、すべての仕事の先には、お墓をつくることを私たちに託して下さった、お施主さま達がいるということを常に意識できるように。
お墓をつくる職人の仕事はすべて裏方です。
決して自分達のためにではなく、人さまのために。
私自身もまだまだ半人前ではありますが、生涯現役を目指して頑張りたいと思います。

 

【プロフィール】

愛知県岡崎市出身。地元の学校を卒業後、陸上自衛隊に入隊し、防衛庁警備隊に所属する。退職後、地元企業でもある矢田石材店に入社。以後お墓職人として腕を磨き、現在は後進の指導にも従事。経験豊富な人生訓を若手職人に伝える傍ら、自らも新しい技術習得に余念がない。どんな仕事でも粘り強く、完遂させる【責任感の塊のような男】。機械操作に明るく、キャタピラ車、バックフォー、クレーンなどの操作を買って出る。故障した車両や機械の修理も得意で、新しい加工道具などの発案も多い。若い職人たちやお客さまからの信頼は絶大で、「山田さんが現場にいるだけで安心できる」と話される方も少なくない。顔にもにじみ出た、人生経験豊富な厳つい外見からは想像しがたいが、意外とお茶目。

 

お墓職人 乾 辰之助

自分の好きな事でお施主様に貢献できるので幸せです。

乾辰之助イメージ以前は陸上自衛隊に勤務していましたが、自衛隊と言う大きな組織の中では不可能だった「もっと個人としての能力を発揮したい」という思いで転職しました。
もともと物を作ったり組み立てたりする事が好きで、学生時代に他の教科の成績が思わしくない中、図工の成績だけはよかった記憶があります。
お墓をつくるという仕事は、自分の好きな事で貢献できるので、とても幸せです。
自衛隊時代、東日本大震災で災害派遣中に、倒壊したお墓の前で悲しむ人達を見ていた経験もあり、その時は何とかならないものかと思うだけでした。この地域にも必ず来ると言われている東海大地震がおきた時に、あの震災の時の様に悲しむ人達が1人でも少なくなる様に、という思いで、毎日頑丈なお墓を建てています。
また、自分が建てたお墓が長くて100年以上残っているのかと思うと鳥肌が立ちます。こんなすごい仕事は他にないと思って頑張ります。

 

【プロフィール】

 愛知県岡崎市出身。 父は寿司職人で、若い頃から修行しお店を持つまでになった。 その後を継ぐ予定でいたが、自衛隊に入隊してしまった為それは叶わぬ事に。
しかし、職人として誇り高い父の背中を見て育った経験は、今の仕事にも生かされている。矢田石材店一大柄ではあるが、意外と繊細な部分を併せ持つ。力とスピード、そして状況を考えての的確な判断に長けている。その力量は趣味のプラモデル作りと競艇観戦で養っている。 日中は工場で石の粉、夜は自宅でプラモデルの粉にまみれているという。 競艇に関しては、「ギャンブルが好きというわけではないんです。ただ面白くてつい観てしまうんですよ」と笑顔を見せる。

 

お墓職人 鈴木 竜生

色んな想いを持ってお墓づくりをされているお施主様に、少しでも喜んでいただけたらと思います。

鈴木竜生イメージ自分は職人部工事課に所属しており、日々墓地という現場でお墓をつくっています。 主に、基礎工事、墓石の据え付けを行います。
工場では石材の加工等をするのですが、まだまだ作業に時間が掛ってしまうので、もっと技術を向上させていかなければいけないと思っています。
墓地で仕事を行っていますと、お施主様とお会いする機会もあります。話をさせて頂くと、みなさまは其々、色んな想いを持ってお墓づくりをしておられるのだと、つくづく実感します。そんな想いを理解し、良い仕事をすることで、少しでも期待に応えられたらと、時には苦しい事もありますが頑張っています。
まだまだ至らない所もありますが、お施主様に少しでも喜んで頂き、お役に立てたらと思いながら、今後もお墓づくりに励んでまいります。

 

【プロフィール】

愛知県蒲郡市出身 10月17日生まれ(元AKB48 大島優子と同年齢、同誕生日) 自衛隊にいた頃は、大砲を扱う特科部隊に配属され、厳しい訓練や、災害派遣に加わる。
現在は矢田石材店の職人部工事課でお墓づくりに携わる。真面目で温和な性格から、社内での信頼も厚い。
夏も冬も真っ黒に日焼けした腕が、一番の勲章。
好きな食べ物・・ラーメン、肉、コンビニの新商品
嫌いな食べ物・・漬物、和食、茄子など野菜類多数
趣味・・食べ物屋巡り、漫画集め、ニュースを見る事  

 

お墓職人 竹原 潤

現在修行中です。

竹原潤イメージ

物心つく前から石材に触れて育ち、小さいときから多くの職人さんの仕事を見てきました。
お墓という文化、伝統を正しく継承することが自分に与えられえた「使命」であると思っています。
そして、現在誰にも負けない向上心と不撓不屈の精神で修行に臨んでいます。

【プロフィール】

愛媛県新居浜市出身。大阪経済大学卒。 四代以上続く石工の家系である、竹原学石材の長男として生まれる。 矢田石材店の従業員の中では、唯一の平成生まれ。 大学在学中は消費者心理学を専攻とし、特に現地調査の分野では優れた成績を修めた。 海外留学の際に「日本文化」の素晴らしさを強く感じ、石工文化・技術の継承は自身に与えられた責任であると、石工になることを決心した。 大学卒業後は、業界関係者の紹介もあり、念願の矢田石材店に弟子として入社。現在は4年間の修行期間中。

 

お墓職人 中山 啓介

 毎日お参りしたくなるお墓をご提案したいと思っています

中山啓介イメージ 私が以前勤務していた自衛隊は、【国民の生命と財産を守る仕事】でした。どちらかというと、【危険から身を守る鎧や盾のような仕事】。 今行っている仕事は、お墓を通じて【お客さまの心や想いを守っていく仕事】だと思っています。【寒さから身を守り、心が安らいでいく、お風呂や布団のような仕事】です。
お客さまの抱く、お墓への想い(=亡くなられたご家族、自分自身が歩まれた人生の集大成)を、実在の形で表現することは、とても難しいと感じています。なぜなら、十人いれば十通りの想いやイメージがあり、誰一人として、皆と同じで良いという方はいないからです。皆さま、【大切なあの人】のために、お墓づくりに臨んでいます。その想いやイメージをしっかりと受けとめ、形にすることが、仕事のスタートラインだと考えています。 そして、お客さまやそのご家族が、宝物のようにお墓を守ってくださり、毎日お参りしたくなる。そんなお墓をつくれるよう努めています。

 

【プロフィール】

岐阜県美濃加茂市出身。高校卒業後、陸上自衛隊に入隊。除隊時には、陸上自衛隊第一空挺団・通信中隊で無線通信手を担う。矢田石材店代表の矢田と同じ部隊という縁から、直接声を掛けられ入社。お墓職人の経験を経て、現在は墓石の設計・図面作成も行いながら、御来店された方々への接客が主な仕事。温厚な気質から、お客さまからは沢山の要望を頂ける、わがまま請負人。しかし、一旦引き受けた話は、どんなに困難でも、必ず達成する不屈の闘志を持つ。そして、自分が担当したお客さまの仕事は、可能な限り墓石の加工・設置も行うことが信条。 矢田石材店唯一の庵治ソムリエ。

 

お墓職人 加藤 拓也

日々精進。

入社したばかりで今はまだ頼りないですが、野球や自衛隊で培った経験と、鍛え上げた心と体で、いち早く先輩方と肩を並べられるようがんばります。

そのために石に関する知識であったり加工の技術を勉強し、お客様に心から喜んで頂けるお墓づくりをしていきたいと思います。

 

【プロフィール】

1993年1月16日愛知県東郷町で3人兄弟の次男として生まれる。
幼いころから活発でプロ野球選手になることを目指すが、膝を怪我したため断念。
その後海上自衛隊に入隊。3年1任期を任期満了で退職。
退職後、矢田石材店初の海上自衛官として入社。

 

経理 矢田 吏映

お墓を建てることで、
悲しみや悩みから立ち直っていただくお手伝いをしたいと思っています

私たちは墓石を扱っている石材店ですから、お客さまは大切なご家族を亡くされた方ばかりです。矢田石材店の従業員は、そんなお客さまの気持ちに寄り添える者の集まりです。電話での対応ひとつとっても、お客さまの想いを自分のことのように考えて、お話をお聞きする。ですから、いろいろなところに問い合わせをしてもどうにもならなかった方が、「電話での対応がよかったから」「話を聞いてくれたから」という理由で、矢田石材店を選んでいただいたという話もお聞きします。
うちには営業マンがいませんし、押し売りもしません。それは、スタッフ全員が「お墓を売るぞ」というより「お墓を建てることで、悲しみや悩みから立ち直っていただくお手伝いをしたい」と考えているからです。
ですから、もし「矢田石材店のいいところはどこですか」と聞かれたら、私は自信を持って「従業員です」と言うことができます。

 

【プロフィール】

愛知県岡崎市出身。経理担当。2児の母。
お墓というと暗いイメージを持ち、お墓参りも好き好んでするタイプではなかった。しかし矢田石材店に勤務するようになって、イメージが180度変わり、今では子どもとともに日常的にお墓をたずね、墓地を掃除するようになった。

 

事務 三島 志帆

お客さまの悲しみに寄り添いながらも
あたたかく見守ることが大切であると感じます。

ご相談の中には、「49日までに納骨の習慣があるので」「一周忌までに建てたい」と、急いでいる方も多いのです。けれど、よくよくお話をお聞きすると、その期限は周囲に促されて決めたという方も少なくありません。そんな時には「慌てなくていいですよ。許されるのであれば、ゆっくりお墓づくりをしていきましょう」とお伝えするようにしています。
宗派にもよりますが、たとえばお葬式が終わったあと、49日までは7日ごとにお経をあげますよね。それは残された者の心が少しづつ癒され、日常生活に復帰できるようになるまでの期間だという考え方もあります。お墓づくりもそれと同じで、お墓ができあがったことで自分の中で何かが変わった、そんな風に感じていただければいいと思うのです。
また時間をかけてお墓をつくるということは、亡くなった方の思い出をご家族で話したり、ときには遺影に話しかけたりして、長い時間思っているということです。ですから時間をかけるということも、ご供養になっているということを知っていただきたいと思っています。

 

【プロフィール】

入社当初は、墓の構造や石材についてなど、ほとんど知識がなかったため電話対応もままならなかったが、現在ではフリーダイヤルによる電話問い合わせを担当している(平日のみ)。
お客さまへの窓口ともいえる電話の担当のため、悲しみから立ち直っていない方など、さまざまなお話をお聞きすることになる。はじめのうちは、「お客さまの気持ちをいただいてしまうことが一番つらかった」と言う。今でもつらい時はあるが、悲しみで混乱しているお客さまを、さらに混乱させることがないよう、冷静になることができるようになったとか。
お客さまのお墓づくりのアルバム作成も担当しているため、はじめは不安気だった方が笑顔で写真に写っているのを見ると感慨深く、思わず自分まで笑顔になるという。

 

事務 小嶋 久美子

お墓づくりのために私たちができること
それは、実際にお話をして疑問にお答えすることです

お墓のことは、わからないことがとても多いものです。どんなお墓にすればいいのか、何が必要なのか、何からはじめればいいのか。最近ではインターネットなどでいろいろ調べて、「お墓を買いたい」と思っているお客さまのお問い合わせも、とても多くなっています。
けれどインターネットなどで調べても、ご自分の納得がいく答えが出るとは限らないのではないでしょうか。疑問があったら、わかる人間から話を聞いたり、実物を見たり、ときには触れたりすることで納得し、解決できることも多いと思います。とことん話しあった上で結論を出していただきたいのです。
私たちはそのためのお手伝いは何でもしますし、ご相談にも乗ります。「押し売りをしない」ということをモットーにしていますので、たとえご契約にいたらなくても、お客さまのお墓づくりに対してできるだけアドバイスを差し上げるように心がけています。

 

【プロフィール】

息子夫婦との同居のために岡崎市に移転、孫の面倒を見る必要があるため、週末のみの勤務。週末はすべての事務、電話対応などを行う。
お客さまに接するときに気をつけているのは、言葉使い。お客さまは、ご不幸があって電話をしたり、訪問したりするので、事務的な対応はしたくないという。親身にはなるけれど、馴れ馴れしくないように、失礼のないように、けれど冷たくならないように、ということを心がけている。

 

お気軽にご相談下さい