トップ > お客様インタビュー 梅田さま

お客様インタビュー 梅田さま

お客様インタビュー 梅田さま

 

梅田様は、2年ほど前にお亡くなりになられたお父様のお墓をつくられました。

さらに、お墓をつくる工程を取材協力していただき、ドキュメント番組で全国放送されました。

 

御坊さんの紹介で知った矢田石材店

─こんにちは、お久しぶりです。テレビ放映されて、反響とかいかがでしたか?

梅田さま:

友達とか結構見てるみたいで、直接じゃないけど、 いろんな人が    見てたみたいですよ。矢田さんの方はどうでした?

 

─結構、いろんな人から声かけていただきましたよ。今までにお墓工事させていただいたお施主様とか。知らないところで見てるものなのですね。

梅田さま:

そうですか。全国ネット放送でしたからね。

 

─始めに、矢田石材店の仕事振りについていかがでしたか?

梅田さま:

工事自体は見ていないので、なんとも言えませんが、 その他のとき、例えば納骨の時や、墓開きの時に、 色々と良く気がついてやってくれるなぁって思いましたよ。

 

テント張ってくれたりとか、お寺さんが何か行動すると、 先読んで台を持ってきたりとか、ホント、思った以上に良くやって くれましたよね。

 

─ありがとうございます。 梅田さまとは、御坊さんを通じてご紹介でご縁を頂きましたね。

 

梅田さま:

信頼できる人からの紹介だったので、安心していたのもありますが、 会ってみて、すごく接しやすい人だったので、OKでした。

 

─そうですか、我々も、常に墓石業者というよりは、 お施主様の側に立って物事を考えようと努めていますので、 そのお言葉はありがたいですね。

 

梅田さま:

そういえば、父の友人だった人が霊感が強い人でね、 よく夢に父が出て来るらしいんですが、お墓が出来てから 父の顔が穏やかになったって言うんです。 そんなことばを聞くと 『お墓つくってよかったな』ってホントに 思いますよ。

 

大好きなものをデザインに取り入れたお墓

 

─梅田さまのお墓ですが、結構いろんな要素を盛り込みましたよね、 どこに一番こだわりましたか?

梅田さま:

父の好きだったパンチ(犬)の彫刻かな。それと車。

自分の好きなものを、デザインとして取り入れてくれたのは、 やっぱり嬉しいですよ。

 

─出来上がったお墓と、完成するまでのイメージとの違いは ありましたか?

梅田さま:

想像以上に良かったです。イメージしていたのより全然良い。 特に彫刻モノと、車のパーツを取り入れた墓誌。 今思うと、矢田さんが言ったとおり、車そのまんまよりも、 分かる人だけ分かるようなデザインでよかったと思いますよ。

 

─そう言って頂けると思ってました。 梅田さまなら、あの良さがわかっていただけるのではないかなと。ご主人の愛車のエンジンのカムカバーを墓誌にデザインしました。プラグの穴まで、精巧にデザインした自慢の逸品です。

他には、お墓のどの部分が気に入っているとかありますか?

 

梅田さま:

基本的には100点満点ですので、全部気に入っています。

石も想像してたよりきれいでカッコイイし、彫刻は犬も桜の花も、 誇張無しでホントにすごいと思います。 車は、お墓の上に乗せなくて本当に良かったですよ。 矢田さんが反対しなかったら、きっととんでもないお墓になってましたね。

 

─確かにそうかもしれませんね。でも、梅田さまならご理解いただけると思い、 あえて失礼を承知で反対させていただきましたが、喜んでいただけて嬉しいです。

 

矢田さんじゃなかったら、お墓のことなどあまり考えなかったかもしれません

 

─お墓の出来栄えと、お値段のバランスなどはどうでしたか?

 

梅田さま:

まあ、お金はこれくらい掛かるだろうと思って用意しておいた 範囲内でしたので合格点ですし、出来上がりを見て、このお墓で この金額なら安いと思いました。

 

─ありがとうございます。

 

梅田さま:

他の人のお墓が、一体どれくらいの金額なのか分からないけど、 反対に矢田さん頑張りすぎて大丈夫?と思っちゃいましたよ。

 

─そう思っていただけるだけでとても嬉しいですね。

まあ、商売なので赤字になってはいけませんが、出来る限り喜んで いただけるように、仕事内容も、金額もいつも悔いの無いように 全力で取り組んでいます。

 

梅田さま:

でも、ホントに矢田さんに出会えてよかったと思いますよ。

お墓を建てるって、展示場にたくさん有るお墓の中から、 これかこれ、てな感じで選んで、字を彫って、建てて、 それで終わりみたいなものだろうと思っていたんです。

 

実際に、妻の実家のお墓のときは、いつの間にか決まっていて、 石屋さんも、こんなことが出来るとか、あんなことはどうですか? なんてまったく無くて、パッパと出来てましたよ。

 

─確かにそうすることが石材店としては効率がよく、 仕事をたくさんこなせるのは間違いないですからね。

 

梅田さま:

そうですよね。 でも、矢田さん逆に僕達をお墓をつくるっていうことに、 巻き込んでくれるじゃないですか。

 

─そうですね。良い意味でお墓をつくるということを、お互い真剣に行ないたいのですよ。

 

梅田さま:

そうですね。 もし矢田さんじゃなかったら、僕達も普通にお墓の事などあまり 考えずにパッとお墓建ててたかもしれないですね。

 

こだわりをふんだんに入れた注文住宅のようなお墓

 

─最後に、今後の矢田石材店に、期待することは何か ありますか?

 

梅田さま:

別に無いですよ。ホントに色々とやってもらって満足してますから。

 

矢田さんお会いすると、毎回ハガキとか送ってくれるじゃない ですか。 細かいことだけど、ああいうのもすごく嬉しいし、 大きな企業とかだと、分業化していて相手の顔が見えないって 言うか、そんなとこありますよね。

 

─まあ、僕達はお墓職人ですからね。

 

梅田さま:

矢田さんなら・・・・なんていうのかなー・・・・ こう、友達として?接することが出来るって言うか・・・

ホント、なんでも相談できるし、何でも聞ける、みたいなね。

 

─ありがとうございます。 これからも細々とやらせていただきますね。

 

梅田さま:

いや、その辺は頑張ってくださいよ。

 

なんていうのかなー、他のお墓は、マンションとか建売住宅みたいな 感じで、どれも一緒の間取りで、外観も一緒とかね、そんなん だけど、ウチはこだわりをふんだんに入れた注文住宅って、そんな 感じ。

 

─ありがとうございます。

 

梅田さま:

あと、あえて期待することって言えば、何気にいつもお墓がきれいに なっていると嬉しいよね。

 

─その辺はですね、毎年一回お掃除はさせていただきますし、 近くのお墓で工事があったらチョット雑巾がけくらいしますよ。 僕が生きている限りは。

 

梅田さま:

矢田さん、くれぐれも長生きしてくださいよ。

 

─もちろんです。今日はどうもありがとうございました。

 

【 インタビューを終えて・・・ 】

梅田さまにはテレビ局の取材の件で、いろいろとお世話になりました。
テレビ放映ではあっという間でしたが、実際にはたくさんのお時間を頂き、撮影にご協力していただけました。

 

【お墓をつくる】ということは、石材店として行っていることを出来る限りオープンにしなければいけないと思っておりますが、お施主様にとっては見せたくない、知られたくない部分もあると感じています。
そんな状況の中、ご理解いただけたご家族皆さんには、感謝の言葉をいくら言っても足りないくらいです。

 

これから共に梅田さまのお墓を守っていきますので、末永くよろしくお付き合い下さい。

 

お気軽にご相談下さい